政策


 

年間約1000人の人口減

富田林を消滅の危機から救うために。

大阪府や大阪市で取り組んできた改革を、富田林でも行う。

富田林がその可能性を最大限に発揮できる人づくり・まちづくりを目指します!



【市議会改革】

富田林市の改革、まずは政治家から。政治家が自ら「身を切る改革」をすることによって、改革への強い決意を示し、現状への危機感を共有することができます。

  1. 議員定数の2割削減。(19名→16名へ。)
  2. 議員報酬の3割カット。
  3. 政務活動費のインターネットでの公開。

 


【市役所改革】

  1. 市民の声の見える化
  2. 幹部職員は、外部の有識者を交えた「内外公募制度」により選出する。
  3. 人事評価制度(相対評価)の導入。
  4. 分限免職を可能にする制度の導入。
  5. 富田林市職員基本条例の制定。

【医療・福祉・子育て】

  1. 府が創設する「新子育て支援交付金」を活用した子育て支援施策の充実。
  2. 児童虐待防止対策の強化。
  3. 地域医療介護総合確保基金を活用し、2025年課題の提供体制の改革。
  4. 府の健康寿命延伸プロジェクト事業を活用した健康指標のアップ。
  5. 富田林で起こった居所不明児童事件を二度と起こさないため、「乳幼児健康診断未受診児対応ガイドライン」の策定。

【教育】

  1. 国際社会に通用する英語力の強化。(リスニング、スピーキング力の強化)
  2. 府からの教職員人事権の移譲。
  3. 公立中学校において落ち着いた学習環境を確保するため、「生徒指導機能」の強化支援。

【女性の活躍】

  1. 富田林の成長には女性の活躍が絶対!まずは市役所内での管理職登用を推進。
  2. OSAKAしごとフィールドの「働くママ応援コーナー」をモデルに、新しい人材育成手法の開発を行う。

【防災、都市インフラ】

  1. 防災機能強化や交通処理機能改善のため広域幹線道路の早期整備。
  2. 治水・土砂災害対策の充実・強化。
  • 簡易河川カメラシステムの設置推進。
  • 土砂災害特別警戒区域内での家屋の移転・補強を支援。
  • 警戒避難体制の整備。
  • インフラの維持管理の充実・強化。

未来への責任。

だからできる。