いとう寛光(ひろみつ)自己紹介


生まれは北海道(釧路市)です。


生年月日(年齢)

1980年6月18日(37歳)

経歴

1999年

函館ラ・サール学園高等学校 卒業

2003年

中央大学 法学部 法律学科 卒業

学習塾講師、司法試験浪人

2007年

ダイキチカバーオール株式会社 入社

ITTO個別指導学院金剛東校 教室長

2010年

人を育てる株式会社 設立

代表取締役就任、学習塾経営

(富田林市・堺市西区)

2012年

維新政治塾(第1期生)修了

2014年

大阪維新の会 富田林市政対策委員

2015年

富田林市議会議員(1期)



弁護士になれなかった元・司法試験浪人生。


中学3年生の時から、弁護士を目指す。

お年玉で買ったのは「模範六法」。受験勉強そっちのけで、憲法の本を読みあさる。

学生時代に「塾講師」という仕事に出会う。

児童・生徒たちと接していくうちに、「教育を変えたい!」という気持ちが強くなり、政治家を志す。

「弁護士になってから、選挙に出よう!」と決めていたものの、司法試験の壁は厚く断念。

夢破れた私に残ったもの。それは「塾講師」としてのキャリア。

たまたま、「新規事業として塾業界に参入する」という社長さんと出会い、大阪へ。

勤務先は、富田林市に開校したばかりの個別指導塾。

教育の現場で、「社会の役に立つ立派な人材(人財)を一人でも多く育てよう!」と奮闘。

約3年間、教室長として勤務した後、事業部ごと買い取って起業。

眠っていた「政治への想い」が再び目を覚ます!

たまたま講師として採用した、「学生維新の会」の設立メンバーとの出会いがきっかけとなり、政治への想いが再燃。

橋下徹さんに憧れて維新政治塾(第一期)で政治を学び、2012年の衆議院議員選挙での出馬を目指したものの、最終選考で落選。

落選した理由は、今なら分かります。当時は政治の世界のことを知らなすぎました。

(「知らない」って凄いことだなと思います。苦笑)

遠回りしたけれど、今は、政治家(市議会議員)をやってます!

近畿ブロック維新政治塾(第二期)でも学びを重ね、2015年の富田林市議会議員選挙に出馬。

右も左も分からない中、鈴木憲 大阪府議会議員、浦野靖人 衆議院議員をはじめ、多くの皆さまに支えられて初当選。

皆さまからいただいた「5,140票」は、富田林市議会議員選挙史上初の5,000票超え。(以前は3,396票が最多)

得票率で見ても過去最高の約11.9%。(以前は約7.3%が最高)

富田林市議会で唯一の「大阪維新の会」所属議員として、孤軍奮闘中!


富田林をえる。